体に良くないフルーツの摂り方とは?

果物 糖尿病

    果物には糖尿病になりにくくする効果があるって知っていましたか?

    2013年の大規模な研究では果物をたくさん食べる人ほど糖病病になる人は少ないことが分かっています。

    そしてほとんどの果物に糖尿病の予防効果があり、もっとも効果が高いのはブルーベリー、次いでぶどう、レーズン、プルーンと続くことがわかりました。

    一方で果肉が赤いマスクメロンなどは逆に糖尿病のリスクを高めるということも分かり、血糖が気になる方は摂取には注意が必要です。

    この様に果物には糖尿病になりにくい効果があるのですが、ジュースにして摂取すると逆に糖尿病になるリスクをアップさせてしまいます。

    目安としては1週間にコップ2杯まで。

    3杯以上飲むと糖尿病のリスクが8%上昇するという研究があるので、なるべく果物はジュースでなく生で摂取するのがおすすめです。

    この記事が気に入ったらシェア

    ENJOY FITNESS CREW

    アスリートからお子様まで、様々な方々に笑顔で健康になっていただく施設を目指しています。楽しく健康になり日々の生活を充実させることができるようスタッフ一同全力でサポートさせていただきます。


    最近の記事 おすすめ記事
    1. 自律神経の整え方
    2. 果物 糖尿病
    3. 発酵食品 健康
    4. ガス腹解消 うつ伏せ
    5. スクワット 運動不足
    1. アルコール消毒,感染症予防,コロナウイルス

    Enjoy Fitness Crew

    LOGO_Various

    Various Groupは治療・リハビリ中心の布鍼灸院・接骨院とボディケア&フィットネスを中心としたスタジオVarious蘇我を運営しているほか、アスリートアポートの一環としてスポーツトレーナーの派遣も行なっております。
    Various蘇我では2つのスポーツスクールも開校中です。
    下記バナークリックでスクールのスケジュールをご確認いただけます。

    error: Content is protected !!